FC2ブログ
コンテントヘッダー

フェルトで作る

基本的に作り方は普通のぬいと同じです。
フエルトはかなり楽です。
生地の大きさが小さい→パーツが小さいのでつくりやすい。
裏打ちしなくていいいですし、
フリース程厚みが無く、ふわふわしないので縫いやすいし。
生地安いし。

ただし、フェルトはボールペンでなぞってもチャコペーパーが写りません。
写し方は硬い机やマットの上にチャコペーパーを置き、その上に型紙をつけた生地をのせます。
このマットはダイソーのねんどマットです。
s-008型紙写道具0621
ルレットで線の上を前後になぞり、写します。
端の空白部分でどのくらいの力でなぞると写るのか試してみるといいです。

s-012頂点から
このとき線の頂点や交点から点が始まるようにします。
また、わかり易いように外形線と縫い線の角をつなぐようになぞっておくとよいかと思います。

s-013裏0621
薄っすらとしか写らないので、ペンで上から書いておきます。
s-014頂点ペン0621
頂点を濃く書いて、繋ぐようにするといいかと。
s-015つなぐ0621
また、一度に全体を写すのではなく、部分ごとに少しづつ写すとやり易いと思います。
写ってない場合はルレットでもう1回なぞります。

ファスナーは長いので切って使います。
このファスナー全体が閉じているのですが、これが縫いやすい。
s-205ファスナ621
開口部分をくっつけたままにしておくと、縫う時、手で中心に合せるのが簡単です。
s-210ファスナ621
青線を縫ったあと、持ち手を青線部分に動かして黄線を縫えばいいからです。

あと、強度が心配なので、上の画像にもあるように
首とか脇とかは前後の縫い合せ前までつなげたままにしておいた方がいいと思います。
(前後の縫い合せ前に切ります)

その他、手足が別パーツになっていますので左右間違えないように。
s-402手足621
手-親指下向き
s-405手足621
脚-つま先内向き

前後縫い合せ前はこのくらいファスナーを空けておくこと。
s-500縫合せ621
閉じたままだと縫った後、持ち手が中になってファスナーが開けられなくなります。

縫い合せ時、谷になる折れ線は押さえが当たるのでクリップではなく待ち針が要りますね。
s-505縫合せ621
s-506縫合せ621


真っ白

s-フェルト全身621
色はペールオレンジの方がよかった。

s-2フェルト試作621
タイツと靴は新品。いつもの西松屋。
時期が時期なのでタイツはこんな牛柄しか残っていない。後は濃い紫とかのキツイ色。

s-3フェルト試作621
服はとりあえずなのでリサイクルで買ったもの。
後は2体目に使っていたパーティウィッグと無地のマスク。
服を着せると普通のぬいと変わりないです。
あとは季節外れで今無いですが手袋ほしい。

骨なしだったら、フェルト+ファスナ+綿+背骨+コピーで1000円くらい。
(ちなみに普通のぬいの生地ブロード+スムースニット+フリース+ホール生地+綿+型紙で送料とか入れると4000円弱です。)
骨(VVF2.0x2芯x4m)+結束バンド+フェルト+紐で+1000円強。
チャコペーパー、ルレット等の道具を入れるともう少しかかります。

作るのが簡単になりますので作ってみてはどうでしょう。
失敗して買いなおしてもフェルトだけなら400円くらいだし
はじめてならかかとなし+骨入りの方がいいと思う。
綿入れ楽だし。

かかとの縫い方は次回。
スポンサーサイト
[PR]

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たかにゃん

Author:たかにゃん
ポージングできる簡単なぬいぐるみ人形作ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
かうんた~
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR