FC2ブログ
コンテントヘッダー

小物入れ付け方

今回、小物入れ(ホールポケット)の変更をしました。

簡単に言うと縫い順を
後ろ縫い合わせ、ファスナー付け→ホールポケットを後部に縫い合わせ
→前後縫い合わせ→ホールポケットを前部に縫い合わせ
の順に変更しました。
また、それに合わせ、型紙をホールポケットと前部がそのままで合うように角度修正。

実際の縫い方です。
まずホールポケット本体を作ります。
生地はポリエステルツイルにしましたが、お好みのものを使ってください。
この生地にしたのは
・伸縮性が無く、縫いやすい
・適当な厚みがある
・チャコペーパーが使用できる
・熱で溶かして端処理できる
からです。
(1体目はフェルト。2体目は綿ツイルを使っています)

ブロードと同じように両面テープで型紙をとめて、チャコペーパーで写します。

裁断したらほつれ止めをします。
溶かす場合、外形線より1~2mm大きく切ってください。
ライターなどで軽くあぶって、溶かします。
結構大きく溶かさないと、ほつれ止めになりません。
まず、切れ端で練習してから、やったほうがいいかと思います。
あるいはジグザグ縫いなどでほつれ止めしても良いと思います。
すみません両手を使う作業なので写真がありません。

ホールポケットを筒にします。
s-1105ホール表
横と底部を縫い合わせてください。
s-1105ホール裏
裏返します。

s-1105ホール後部合せ1
後部と縫い合わせます。返し縫必要です。
また、強度がほしい方は多重縫いをすると良いかと思います。
うちのミシンには無いのですが…

s-1105ホール後部合せ2
狭いのでちょっと大変。
s-1105ホール後部合せ3
縫い終わり

前後を縫い合わせます。
s-1105ホール前部合せ1
ここはホールポケットがずれないように股から縫っていきます。
左右とも股→頭頂部で縫います。
頭頂部はウィッグで隠れますからずれても大丈夫だからです。

最後にホールポケットと前部を縫い合わせます。ここも返し縫は必要。
s-1105ホール前部合せ2
s-1105ホール前部合せ3
狭い。
ほんの少しなので手縫いでもいいと思います。
これで縫い終わり。


s-1105ホール大きさ
大きさは画像のペットボトルの径が53.5mmです。
型紙の長さと、底部形状は自由に変更して下さい。
底部は画像では曲線ですが、型紙では直線に変更してあります。
(本当の円筒状にするには立体的に縫う必要があります)
終端部がつぶれるので長さは多少余裕をみて作ってください。

コンテントヘッダー

ファスナー付け

今回、ファスナーを頭部までのばしました。
型紙もそれにあわせ、ファスナーの縫い代を延ばしてあります。
延長部のおわり位置は適当ですので、ファスナーの長さやお好みにあわせてください。
前と同じく首まででも問題ないです。

ちょっと気付いたことがあったので書きます。
ファスナーにロック機構のついているものがあり、つまみを持たないとスライダーを開く方向に動かせないものがあるからです。
s-1107スライダ1
スライダーの中のつまみのところに板が入っています。これが動いてロックされます。

付ける前にちょっと確認してみてください。
これはダイソーのですがロック機構付です。
s-1107スライダ2
裏返した時、つまみを開いている方に向けておきます。
このまま、つまみを持たずに開くのはできません。
閉めるほうもきついです。
s-1107スライダ3
つまみを持ち上げるようにしてスライダーを動かします。
親指でつまみを持ち上げ、人差し指で動かしています。


付け方は基本的には前に紹介したこのサイトのやりかたです。
今回ちょっとアレンジしたやり方でやりました。

まず、後部の頭頂部、腰部をを縫い合わせます。
s-1107ファスナ1-1
ファスナー部より1cmほど先まで縫い合わせます。
これはファスナーの開口部だけ開けておくということです。

そして、開口部をしつけします。
ミシンの場合、縫い目大きめで返し縫なし。
このとき、糸の色を変えておくと後で切る時、間違わないです。
自分はしつけを切る時、間違って合わせ縫いの糸まで切ってしまいました。
(手縫いで補修しました)
ここまでは同じ。

s-1107ファスナ2-1
縫い代を割ります。
ここで縫い代がどこにくるか線を引きます

s-1101ファスナ3
ファスナーの開口部端を合わせ縫いの端にあわせ、中心を合わせてクリップ、待ち針で止めます。

s-1107ファスナ4-1
ミシンの押さえをファスナー押さえに換えて縫い代とファスナーを縫います。
この縫いは表に出ないので全体ではなく、胴、頭と分けて縫ってもいいです。
縫い目も細かくなくていいです。
s-1107ファスナ6-1
頭は片方は最後までもう片方は終わり前まできたら、ファスナーのスライダーを中に動かして残りを縫います。
ファスナーの余りを切っておきます。

もし、スライダーのロックが強く、表からしか動かせないようなら、
裏返して、スライダーを動かせるようにしつけをその分、切っておきます。

下の生地と合わせて縫います。
s-1101ファスナ7
この時、縫い代を割った時に書いた線に縫い代の端がくるようにします。
この縫い線は表から見えるので、きれいに縫いたいなら先にファスナーに縫い線を書いておくといいかも。
フリースがあるとふわふわして縫いにくいので、しつけしたり、待ち針でとめてもいいです。
めんどくさかったのでどっちも無しでやっちゃいましたけど……
後は参考サイトと同じようにスライダーが押さえまで来たら、押さえを上げてスライダーを動かして縫います。

縫い終わったら開口部のしつけを切って終わりです。

(2014/12/18追記)
記事の画像と逆にファスナーを腰→頭方向に開くように付けたほうがいいかと思われます。
ファスナーを開けるたびにマスクとウィッグを外さなければならないからです。
コンテントヘッダー

新頭部縫い方

頭部の縫い方が変わったのに記事書いてなかった。
縫い方といっても型紙どおりなんで不要かも知れないけど。
前より簡単になったので作るのは楽。

s-1105頭部パーツ
2パーツに分かれています。
V字の切り込みは下までいれること。

s-1105頭部縫い1
片方縫って、

s-1105頭部縫い2
反対も縫います。

s-1105頭部縫い3-1
下の方縫い代が細いので、一応横に短く縫っておきます。

頭部前後の縫い代の角度を合わせてあるので2体目より多少縫いやすいと思います。
マスクで隠れるので縫い代は、ずれても大丈夫。

s-耳1111-01
あと、今は耳作ってます。
うまくいったら、また書きます。

では、また。
コンテントヘッダー

耳作り方

の作り方です。
型紙はいつものとこ

材料
・生地:ジャージ、フリース、ブロード:ぬい本体に使っているもの
・取付タグ:ポリエステルツイル(アーバンツイル)等、多少腰のある生地
・カチューシャ:余り厚みのないもの。タグ貼り付けのため、ある程度の幅があるもの
裏がぎざぎざのもありますが下が髪でなく、マスクなので、あまりずれ防止には役立ちません。
フラットなものか、滑り止めパッド付きのものが良いかと。
不要な端部分を切るので、金属よりプラのほうが加工が楽でいいかも。

まず、ブロードに型紙写し→ジャージ、フリース、ブロードを重ねてしつけ。
ここまでは本体と同じ。
s-耳01しつけ-1113
線が見づらい時はペンで書いておくと楽です。

取付タグを作ります。
タグ生地を2cm幅に切ります。
二つ折りにして、カチューシャの通る幅ちょうどに線を引きます。そこから5mm先で切ります。
s-耳02タグp-1113
ほつれる生地はほつれ止めしてください。

耳生地に切り込みを入れます。
s-耳03切込1-1113
2本の線のうち、外側だけ切ります。
内側はタグ縫い付け線。縫うとき見えないけど。
s-耳04切込2-1113
ちゃんと3枚とも、線の端っこまで切ります。

裏返してジャージ側に二つ折りにしたタグを縫い付けます。
s-耳05タグ縫p-1113
切り込みにタグの端を内側向きに合わせ、タグに引いた線のところを縫いつけます。
返し縫必要。

s-耳06タグ縫2-1113
生地を縫い合せる前に、タグを切り込みに差し込んでおきます。

二つ折りにして縫い合わせます。
s-耳07縫い-1113
ミシンに慣れてない人は手で弾み車を回して縫うといいです。
私もここは全部手動で縫いました。
始めと終わりはダーツのように結ぶか、返し縫い。

s-耳08切取-1113
外形線で切ります。

切込みから裏返します。
s-耳09裏返1-1113
ここが難しいのですが、あせらずに

s-耳10裏返2-1113
裏返ったら、菜ばしで形を出します。

切込みを手縫いで縫い合わせます。
s-耳11縫合-1113
力がかかる部分で無いので適当です。

手で揉んで形を整えます。
s-耳12耳完成-1113
これで耳本体はできました。

カチューシャに耳を付けます。
カチューシャを頭に付けて、耳の取り付け位置を確認します。
s-耳13テープ留め2-1113
カチューシャの不要な端部分を切り取って、タグを通すようにして耳を取り付けます。
通らない場合は貼り付けます。
固定は両面テープ、ホットメルト等なんでもいいです。
耳が内側を向くように取付けます。

後はタグの上に少しジャージ生地を両面テープで貼り付けます。
前から見えるので前側に生地が来るようにしてください。
s-耳できた3-1113
出来上がり。
s-耳できた5-1113





おまけ
s-耳エルフ耳-1113
えるふみみ~
カチューシャごと取替えでこんなこともできます。
コンテントヘッダー

足首作り方

あいかわらず、ラブリードールこももちゃん争奪戦は激しいようで、
30秒ぐらいに見に行ったのですが、商品ページを見ることすらできないうちに終了してました!!

まだ書いてなかった?足首の縫い方です。

といっても縫い方は前に書いた記事のとおりです。
画像は前回作ったものです。
s-足首縫い1
前パーツを折り曲げてしつけ縫い。(上側はしつけ縫い済み)
おなじとこを縫うと生地が弱くなるかもしれないので、線より2~3mmずらして縫ってあります。

s-足首縫い2
足の形に縫って、余分な部分を切り取る。
返し縫いか、端を結んでほつれないように。

s-足首縫い3
2~3mm残して、縫い代の切り込みを入れておく。
全部切ると、隙間ができて穴になっちゃいます。

あ、骨なし仕様の足首前面のダーツは書き込んでありますが骨を入れるので縫ってません。

s-足首縫い4
ここがちょっとむずかしい。
縫い代を開きながら、後パーツと縫い合わせる。

前後の縫い合わせは股部分→足首手前。 首、頭→足首手前と、
ここ以外の部分を先に縫ってからのほうがいいかも。

あと、もうちょっとなんとかできないかなぁ~と、今試作中です。
プロフィール

たかにゃん

Author:たかにゃん
ポージングできる簡単なぬいぐるみ人形作ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
かうんた~
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR